1. Home
  2. 無線の相互運用性
  3. Connecting Connect Plus Radio Systems

Connecting Connect Plus Radio Systems

Limitations and Requirements

  • XRT 9000では最大30の同時コールが許可されています。
    XRT 9000では、最大30の同時LMR通話、トークグループ通話、またはWAVEクライアントとのプライベート通話が可能です。 WAVEユーザーがトークグループを介して送信またはプライベートコールを開始しようとすると、WAVEはXRT 9000上の30の接続リソースのうちの1つを要求します。送信が終了すると、リソースは解放され。ブロードバンド間通話は、30の通話容量のいずれも消費しません。
  • XRT 9100では最大50の同時通話が許可されています。
    XRT 9100では、最大50の同時LMR通話、トークグループ通話、またはWAVEクライアントとのプライベート通話が可能です。ユーザがトークグループを介して送信またはプライベートコールを開始しようとすると、WAVEはXRT 9100上の50の接続リソースのうちの1つを要求します。ブロードバンド間通話は50の通話容量のいずれも消費しません。
  • XRT 9000/9100へのIP接続が必要です。

XRT 9000/9100ゲートウェイへのアクセス

In order to configure users and access to the XRT for the WAVE Gateway, you must access the XRT Gateway. This section explains how to use a PC to access your XRT. Once you have accessed the XRT, the next section will explain what changes are required and where.

MOTOTRBOコネクトプラスXRT 9000/9100ゲートウェイにアクセスするには、MOTOTRBOコネクトプラスXRT 9000/9100設定ツールをインストールします。これはMotorolaから入手できます。
XRT 9000/9100と同じネットワークに接続されているPCの[スタート]メニューからMOTOTRBO Connect Plus XRT 9000/9100設定ツールアプリケーションを実行します。 [スタート]、[すべてのプログラム]、[Motorola Solutions]、[MOTOTRBO Connect Plus XRT 9000(またはXRT 9100)Configuration Tool]の順に選択します。

注:Microsoft .NET Framework要件:PCには、Microsoft .NET Frameworkの複数のバージョンをインストールできます(頻繁に使用できます)。 Connect Plus System Release 1.3(またはそれ以降)用のMOTOTRBO Connect Plus XRT 9000/9100 Configuration Toolソフトウェアを使用するには、PCに.NET Frameworkバージョン4.0が必要です。 PCに搭載されているバージョンを確認するには、[コントロールパネル]> [プログラムの追加と削除]の順に選択します。

XRT 9000/9100ゲートウェイコンソールにアクセスするには
1. Motorola OnlineからMOTOTRBO Connect Plus XRT 9000/9100設定ツールソフトウェアをダウンロードします。実行可能ファイルを実行して、Windows PCにソフトウェアをインストールします。すべてのプロンプトに従ってインストールを完了してください。
2. [スタート]メニューから、[すべてのプログラム]、[Motorola Solutions]の順に選択し、[MOTOTRBO Connect Plus XRT 9000/9100設定ツール]をクリックします。
3. [接続]メニューで、リモートで接続している場合は[ソケット]を、XRTに直接シリアルケーブルで接続している場合は[シリアル]をクリックします。

4. XRT 9000/9100ゲートウェイへのホストIPアドレスを入力します。使用する正確なポートがわからない場合は、[ポート]フィールドを空白のままにします。ポート4445が標準のデフォルトポートです。

5.シリアル接続を使用している場合は、ポート名にCOM 1を入力し、ボーレートを57600に設定します。

6.パスワードを入力してください。デフォルトのパスワードはadminです。パスワードはChange Password画面(Site Control> Change Password)を使用して変更できます。

コンソール接続タイマーが表示されます。

接続タイマーが完了すると、[接続]メニューが[切断]に変わり、XRT 9000/9100ゲートウェイに接続したことになります。

To integrate a Connect Plus Radio System with WAVE

  1. カスタマーページで次のボタンをクリック: Radio System

    無線システムページが開きます。最初は画面が空白になります。
  2. 無線システムを追加するには、プラスアイコンをクリックします。

    WAVEゲートウェイウィザードが開きます。
  3. ページ内の ゲートウェイを作成します。 以下の手順を実行してください。

    1. ページ内の Existing Gateway ネットワークにすでにインストールされている場合は、リストから既存のWAVEゲートウェイを選択します。お持ちでない場合は、STEP 3で追加します。このステップは、既存のWAVEゲートウェイをリセットしてConnect Plusに使用できるようにするためのものです。 2つの無線システムに同じゲートウェイを使用することはできません。
    2. ページ内の Device Code に、WAVEゲートウェイハードウェアのデバイスコードを入力してください。これは、WAVEゲートウェイを設定したときに使用したコードです。
    3. ページ内の Device Name に、WAVEゲートウェイの名前を入力してください。この名前は管理目的で使用され、WAVEポータルの外には表示されません。
    4. 次のボタンをクリックします: NEXT
      無線作成ページが開かれます。
  4. ページ内の CREATE RADIO、 以下の手順を実行してください。

    1. 新しい無線システムを定義する場合は Existing Radio として None 新しい無線システムを定義するつもりなら。以前に無線システムを作成し、その設定を複製したい場合は、既存の無線システムを選択できます。
    2. ページ内の New Radio System Type では、新しい無線システムの種類を選択します。この手順は、Capacity Single SiteまたはCapacity Multi Siteのどちらかを選択した場合に実行してください。
    3. ページ内の Name に、新しい無線システムの名前を入力してください。入力した名前は管理目的で使用され、WAVEポータルにのみ表示されます。
    4. [プライベートコールの無活動タイムアウト(ミリ秒)]に、XRT 9000/9100の関連するプライベートコールの無活動タイムアウト時間と一致する値を入力します。
    5. Max PTT Duration(ms)に、XRT 9000/9100の関連PTT期間と一致する値を入力します。
    6. 次のボタンをクリックします: NEXT>。
  5. ページ内の ゲートウェイをラジオに接続します。 以下の手順を実行してください。

    1. ページ内の IPアドレス、 XRT 9000/91000ゲートウェイのIPアドレスを入力してください。
    2. ページ内の IPポートXRTポート番号を入力します。デフォルトポートは10001です。このポートは、XRT 9000/9100ゲートウェイコンソールの下にあります。 設定>サイト構成 と記載されている クライアントTCPポート。
    3. ページ内の ユーザー名、 XRT 9000/9100へのWRGを識別するためにXRTで作成したユーザー名を入力してください。
    4. ページ内の パスワード、 XRT 9000/91000へのWRGを識別するために、XRTで作成したユーザー名のパスワードを入力します。
    5. 次のボタンをクリックします: NEXT>。
  6. ページ内の トークグループの設定 以下の手順を実行してください。

    1. ページ内の 既存のTalkGroup、 この無線システムに関連付けたい既存のトークグループをすべて選択します。必要に応じて、後でトークグループを追加または削除できます。
    2. ページ内の 新しいTalkGroupを作成します。 オプションで グループ名 新しいトークグループのメンバー 作成、 そしてプロンプトに従って完了します。必要に応じて後で新しいトークグループを作成して関連付けることができます。
    3. 次のボタンをクリックします: NEXT>。
  7. ページ内の ユーザーの設定 以下の手順を実行してください。

    1. ページ内の 既存のユーザー、 この無線システムにアクセスする必要があるすべてのユーザーを選択してください。これらのユーザーはプライベートコールをかけることができます。後でユーザーを関連付けたり削除したりできます。
    2. ページ内の 新しいユーザーを作成します。 オプションで Display NameUserName 新しいユーザーの 作成する そしてプロンプトに従って完了します。必要に応じて後で新しいユーザーを作成して追加することができます。
    3. 次のボタンをクリックします: NEXT>。
  8. FINISHページが開きます。これで無線システムの管理準備が整いました。次に GO TO HOME DASHBOARD をクリックします。
更新日 4月 30, 2019

Was this article helpful?

関連記事

サポートが必要ですか?
お探しの答えが見つかりませんか?ご心配いりません。
サポート問い合わせ先

Leave a Comment