InternalWizardText

InternalWizardTextから無線ウィザードの手順書です。このセクションは社内限定で使用するためのものです。

Existing Gateway
ExistingGateway

すでに接続されているWOCゲートウェイがある場合は、それを選択します。

Device Code
DeviceCode

WAVE OnCloudにまだ接続されていないWAVEゲートウェイがある場合は、デバイスコードとデバイス名をここに入力します。デバイスコードとデバイス名の情報については、ハードウェアの設定ページに記載されています。

設定をするためのページにアクセスするには、WAVEゲートウェイの端末をWi-Fi経由で接続します。 PCでWebブラウザを開き、http://192.168.173.1/(Dell 3040ゲートウェイハードウェアの場合)またはhttp://192.168.137.1/(Dell 3050ゲートウェイハードウェアの場合)を入力します。

WAVEゲートウェイのメインページがWebブラウザに表示されます。 Device Code はページ上部から確認できます。 Device Name(デバイス名)マシン名 として表示され、[System Information]の中の[Hardware]の箇所に表示されます。

Existing Radio
ExistingRadio

WAVEに設定済みの無線システムがある場合は、ここでシステムを選択できます。

New Radio System Type – Name
NewRadioSystemName

新規の無線システムを設定する場合は、無線システムの種類と名前を指定します。好きな名前を入力できます。入力された無線システム名をWAVEの中での識別のために使用します。

TalkGroup ID Range Start – Stop
TGIDRange

グループIDの範囲(開始値と終了値)を入力します。範囲値を入力することで、WAVEに接続されている無線で使用するIDが保存されます。無線に使用されるIDはブロードバンドユニット上では使用できなくなります。

Private Call Hang Timer
PrivateCallHangTimer

個別通信を終了するのに必要な無音放送の時間をミリ秒単位で入力します。この値は、Capacity Plusシステムで指定されている個別通信終話タイマーと一致する必要があります。無線とブロードバンドクライアント間の個別通信の度に、タイマーはリセットされます。タイマーが切れるとセッションは終了します。

Group Call Hang Timer
GroupCallHangTimer

グループ通信を終了するのに必要な無音放送の時間をミリ秒単位で入力します。この値は、Capacity Plusシステムで指定されているグループ通信終話タイマーと一致する必要があります。無線とブロードバンドクライアント間の通信ごとにタイマーはリセットされます。タイマーが切れるとセッションは終了します。

Emergency Call Hang Timer
EmergencyCallHangTimer

緊急通信を終了するのに必要な無音時間をミリ秒単位で入力します。 (注:現時点でWAVEは緊急通信の機能をサポートしておりませんが、無線システムにはこの値の入力が必要です)。

Max PTT Duration
MaxPTTDuration

WAVEクライアントのみのグループ通信を終了するために必要な最大通信時間をミリ秒単位で指定し、入力します。指定された時間を超えると、WAVEクライアントの通信が切断され、エラートーンが流れます。

Privacy Type
PrivacyType

無線システムに表示されるプライバシーの種類を選択し入力します。

WAVE Subscriber Radio ID Range Start – Stop
WAVESubscriberRadioIDRangeStart-Stop

無線システムに追加するWAVEユーザーの開始値−終了値範囲を指定します。 無線システムを使用している場合、個別通信のためにはWAVE無線への加入が必要になります。WAVEユーザーには、無線システムから固有のIDが付与されます。無線システムで使用されているIDと重複しないID範囲を指定してください。

Anonymous Unit ID
AnonymousUnitID

無線システムに登録されていないWAVEユーザー全てに対して一つの匿名IDを指定できます。登録されていないWAVEユーザーが無線システムに通信すると、匿名IDが無線システムに表示されます。

Master Repeater IP
MasterRepeaterIP

無線システムのマスターリピーターの IPアドレスを入力してください。

System ID
SystemID

無線システムを識別するための独自のIDを入力してください。入力したIDの値を無線システム内で使用しないで下さい。

MNIS Voice Manager IP Address
MNISVoiceManagerIPAddress

MNIS Voice ManagerのIPアドレスを入力してください。 Capacity Max無線システムでは、VRCゲートウェイIPになります。

MNIS Voice Manager IP Port
MNISVoiceManagerIPPort

MNISボイスマネージャーのポートを入力して下さい。 Capacity Max無線システムでは、サーバーのTCPポートになります。

Master Repeater UDP Port
MasterRepeaterUDPPort

無線システムのマスターリピーターUDPポートを入力してください。

MNIS Radio ID
MNISRadioID

無線システム上でWAVEゲートウェイを識別するためのMNIS無線IDを入力します。使用するIDは無線システムや、接続されている他のCAIデバイスのIDと重複しないIDを指定してください。

MNIS Link Establishment UDP Port
MNISLinkEstablishmentUDPPort

MNIS Link Establishment UDP Portに、LE(Link Establishment)ドメインへのゲートウェイとして機能するUDPポートを入力します。 WAVEゲートウェイはこのポートを使用して、無線システムと音声およびkeepaliveメッセージを送受信します。

Link Establishment Authentication Key
LinkEstablishmentAuthenticationKey

リンク確立用の認証キーを入力します。

CAI Network
CAINetwork

無線システムからCAIネットワークの値を入力して下さい。

CAI Group Network
CAIGroupNetwork

無線システムからのCAIグループネットワーク値を入力して下さい。

DDMS Server IP Address
DDMSServerIPAddress

DDMS Server IP Addressに、Radio System presence notifierのIPアドレスを入力します。これは、無線システムでNAIデータが有効になっている場合にのみ必要です。無線システムがNAIデータを使用していない場合は、IPアドレスとして127.0.0.1を入力してください。

DDMS Watcher Port
DDMSWatcherPort

Capacity Plusの通知機能の受信ネットワークポートを、DDMS Watch Portに入力します。無線システムでNAIデータが有効になっている場合にのみ必要です。 Capacity PlusシステムがNAIデータを使用していない場合は、このフィールドは空白のままにしてください。

Existing TalkGroups (既存のグループを追加)
ExistingTalkgroups

無線システムに追加したい既存のブロードバンドグループを選択します。

Create a New Talkgroup (新しいグループを作成)
CreateANewTalkgroup

新しいグループの名前を入力してCreateをクリックし、手順に従うとグループが作成できます。入力したグループ名はブロードバンドクライアントにのみ表示されます。

Radio Talkgroup
RadioTalkgroup

無線システムに表示されるグループIDを入力します。サイトが利用可能な場合は、無線システムに表示されているとおりにサイトを選択します。

Existing Users (既存のユーザーの追加)
ExistingUsers

追加する既存のユーザーを選択します。

Create a new User (新規ユーザーの作成)
CreateANewUser

新しく作成するユーザーの表示する名前を入力します。ここで入力した名前は、ブロードバンドクライアントのWAVEユーザーに表示されます。次のフィールドにユーザーIDを入力します。このユーザーIDはWAVEへのサインインのために使用されます。「作成」をクリックして、その後の手順に従います。

Radio User
RadioUser

新規のユーザーが無線を使用している場合は、そのユーザーのユニットIDを入力します。無線ユニットを使用して個人通信を発信または受信できるようにする場合は、Allow Private Calls to Radiosにチェックを入れます。他のブロードバンドユーザーについてはデフォルトで個別通信が許可されているため、影響はありません。

タイトル

クラス名

テキスト

更新日 8月 22, 2019

Was this article helpful?

関連記事

サポートが必要ですか?
お探しの答えが見つかりませんか?ご心配いりません。
サポート問い合わせ先